鎌倉と京都どっちが好き?

鎌倉と京都どっちが好き

神社仏閣が好き

 

京都にはたくさんの世界遺産に指定されているお寺があります。

 

歴史を感じることが出来る建物となっているので、実際に足を運んでみるとその歴史を肌で感じることが出来ると思います。

 

改修を重ねているところがあっても、当時の姿のままで建っているということは、凄いことだと思いますし、それだけ大切に扱われているということだと思います。

 

最近では朱印を集めている人も多いです。この朱印はお寺によって様々なデザインがあるので、集めてみると楽しいと思います。

 

京都以外に首都圏で多くの寺院が集まっているのが、鎌倉だと思います。

 

鎌倉は幕府が置かれたところでもあるので、鎌倉時代の建造物が多く残されています。

 

幕府を守るために寺院が設置されているということもあるようです。

 

その寺院が鎌倉の中でどんな位置に存在をしているのか、どんな意味があるのか、ということを調べてみるのも面白いと思います。

 

有名な鎌倉の大仏は元々屋外ではなく、屋内に安置されているものでした。

 

津波によって大仏殿が流されてしまい、その後大仏のみが取り残されるような形になってしまいました。

 

今でも大仏殿があった形跡が大仏の周囲に残されています。

 

もしも今でも大仏殿があれば、鎌倉の大仏も奈良の大仏同様に色が黒々していたのかもしれません。

 

今後、再建されることはないかもしれませんが、大仏殿に収まっている鎌倉の大仏も見てみたいなという気持ちはあります。

 

形跡を観に行くのもいいかもしれません。

 

時間があれば私も色々な場所を巡りたい!鎌倉に行ったときは開運スポットの銭洗い弁天に言っていたいですね。